赤色の振袖

成人式、卒業式、披露宴などで着る振袖の立ち振る舞いとマナー

振袖を蘇らせる方法をご存知ですか?

振袖

「成人式に1度着ただけの振袖がタンスに眠っている」「結婚したので、もう振袖を着られない」など、タンスの肥やしとなっている振袖はありませんか。せっかくの振袖をそのままにするのはもったいないですよね。こんな時は、振袖を仕立て替えすることで、もう1度蘇らせてみませんか?

サイズが合わない振袖は仕立て替え

親から譲り受けた振袖などで小さ過ぎたり大き過ぎたりと、サイズが合わない振袖でも諦めないで下さい。
身幅に関しては、着付けの仕方である程度は調整ができます。身丈や裄丈が短い場合は、縫い込んである生地を出すことで大きくすることができます。
ただし、10cm以上伸ばさなくてはならない場合は、仕立て替えが難しくなります。サイズを小さくするには、特に問題がなく仕立て替えが可能です。

もう振袖は着ることがない時は

もう結婚し、振袖を着る機会がないという時は、袖を短くして「訪問着」として蘇らせることができます。袖を切ってしまうと振袖としては着られないので、お嬢様がいる方などは、袖を詰めるという選択もあります。
袖を詰めると、着用時に袖に動きにくさを感じますが、元に戻すことを考えるとオススメです。
振袖を着ることは今後ないという方は、袖を思い切って短くし、華やかな訪問着にしましょう。新しい訪問着を作るよりも、ご家族に買って頂いた大切な振袖を大事に着ることができますよ。

ニュース

2017/02/09
振袖を蘇らせる方法をご存知ですか?を更新しました。
2017/02/09
「前撮り」や「後撮り」で振袖姿を残そう!を更新しました。
2017/02/09
振袖を着る機会は成人式だけじゃない?を更新しました。
2017/02/09
振袖の着付けのポイントについてを更新しました。