軽貨物運送には様々な仕事がある!種類を知っておこう

車両

軽貨物の仕事を選ぶ時のポイントその1・収入

電卓とお金

軽貨物運送事業は、多くの荷主と契約が取れれば高収入が得られる仕事と言われています。
では、軽貨物の仕事をする上で収入面においてどのようなことをポイントに考えていくべきなのかを解説していきます。

仕事内容によって収入額に差がある

軽貨物の仕事を選ぶ際、最も気になるのはどのくらいの収入が得られるかということではないでしょうか。
これは軽貨物の仕事に限らず、どんな職種であっても仕事をしている以上稼がなくても良いという人はいないはずです。
まずは1ヶ月でどのくらいの売上額になるのか把握するところから入っていきます。
軽貨物事業ではトラックのリース代や燃料費、家賃、固定費などが毎月必要になるかと思うので、その分を差し引いてどのくらいの売上が見込めるのか算出しておきましょう。

利益が残るか確認しよう

求人広告などで月給○○万円以上支給などといった高額収入が見込める内容が掲載しているのを目にする方も多いでしょう。
しかし、どんなに売上が上がっても利益が残らなければ、軽貨物事業を維持していくことは難しいと言えます。
ですから、売上から経費等を差し引いてどのくらい手元にお金が残るのかを把握しておかなければなりません。
軽貨物事業のような物流は、経済の動きに影響されやすい分野でもあるので、不景気によって打撃を受けやすい事業でもあります。

最新記事一覧